top of page

学生のトレーニング指導はじめました。

こんにちは!


ボディメイクジムクロスロード


代表トレーナーの【本原 侑治】です!




今日は少しダイエットとは違ったお話を


していこうかなと思います(たまにはね!)



ビジネスパートナー(僕が勝手にそう思っています(笑))


の方のご紹介で


福山市内のとある中学校の外部顧問の方と


学生トレーニー代表で来ていただいた方おひとりに


既存のトレーニングのフォームチェックと


新規トレーニングのご提案をさせていただきました。



中学生が行うトレーニングでしたので


器具は基本的に使わず、いかに自重(自分の体重)を


使って筋肉に刺激を与えていくかがポイントです。



また、中学生となると「筋力トレーニング」に関しては


知識・経験が不足していえるため、


【いかに伝わりやすくするか】をポイントとしました。




これは当ジムに通っていただく会員様にもいえることで、


【筋トレ初心者でも安全・安心に】


できるように私がサポートさせていただいております!



あともうひとつ重点を置いたのは、


「このトレーニングはどの実技に直結しているか」


をトレーニーとトレーニーの筋肉に教え込んでいく。


ということです。



学生においての筋力トレーニングは


必ずしも「筋肥大」が最大目標ではありません。


「筋瞬発力」や「筋持久力」の優先順位が高いです。



筋力トレーニングではそれぞれ3つの目的による


トレーニング内容の変化をもたらし、


最大限のパフォーマンス向上が望めます。



【学生のうちに筋トレをするのはよくない】


【若いうちの筋トレは身長の伸びに影響する】


↑↑↑

これはもう時代遅れな考え方!!


強豪校はしっかり筋力トレーニングを


取り入れていますよ☆



今後も同校、同顧問の方とは良好な関係を築き、


しっかり学生のパフォーマンス向上・好成績の


礎となれたらと思っております!




今日はそんなお仕事の話でした!(笑)



最後に僕のダイエット記録☆

写真投稿は最近ありませんでしたが

ちゃんとやってますよ~(笑)


だんだんと絞れてきましたね~

もう1週間でクリスマス☆


ダイエット記録もとりあえずそこで一区切りになりそうですが、

気持ちはバッキバキまで絞りたいなって感じ(笑)


正月で1㎏くらいは増えそうなので

今のうちにあと1㎏はしぼりたいです!
















ではまた~




あなたの人生の分岐点がここに。

ボディメイクジムクロスロード(Body Make GYM Cross L.ord)

広島県福山市曙町3丁目28番地16号岡マンションB105

070-1874-3313

https://www.bmgcrosslord.com/


【只今無料カウンセリング・入会金0円キャンペーン実施中】


☆お問い合わせフォームはこちらをクリック☆



メインページ

https://www.bmgcrosslord.com/


お問い合わせページ

https://www.bmgcrosslord.com/blank-1

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉の超回復に関する論文の要約

筋肉の超回復は、トレーニングによって損傷を受けた筋肉が、休息と栄養を取ることで元の状態よりも強くなる現象を指します。 これは筋肉の成長とパフォーマンス向上において重要な役割を果たします。以下では、筋肉の超回復に関する最新の研究成果をわかりやすく紹介します。 超回復のメカニズム 筋肉の超回復の基本的なメカニズムは、トレーニングによる筋繊維の微小な損傷、これに続く体の修復プロセス、そして損傷前よりも強

筋肉痛のメカニズム

筋肉痛は、運動後に多くの人が経験する一般的な現象です。特に筋力トレーニングや激しい運動を行った後に感じることが多いです。 この記事では、筋肉痛のメカニズム、種類、予防方法、そして対処法について詳しく解説します。 1. 筋肉痛のメカニズム 筋肉痛は主に「遅発性筋肉痛(DOMS: Delayed Onset Muscle Soreness)」として知られており、運動後12〜24時間後に始まり、48〜7

トレーニング頻度について

トレーニング頻度は、フィットネス目標を達成するための重要な要素の一つです。適切なトレーニング頻度を設定することで、効果的に筋力を向上させ、持久力を高め、全体的な健康を向上させることができます。 この記事では、トレーニング頻度の重要性、目標に応じた頻度の設定方法、そして頻度の調整方法について詳しく解説します。 1. トレーニング頻度の重要性 効果的な筋力向上と成長のために: 筋力トレーニングでは、適

Comments


bottom of page